サントリー山崎蒸留所見学ツアーに行ってきた

グルメ

※この記事は2016年に別ブログで公開していた記事に加筆修正をおこなったものです。

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。

友人に誘われ、昼間からウイスキーを楽しんできました。

山崎蒸留所でウイスキーを識る

山崎蒸留所は日本初のウイスキー蒸留所で、1923年に開設。初代所長にあの竹鶴政孝がつき、現在はシングルモルトウイスキー「山崎」を製造しています(ウィキペディアより)

工場見学は有料のツアーとなっており、あらかじめ予約が必要です(今回は友人にお任せしました)。工場の受付で、ツアー代金1人1000円を払い、入館証を受け取ります。その後はツアーの予約時間まで待つという感じですね。

待ち時間に、山崎ウイスキー館を見学。サントリーのウイスキー製造の歴史のパネル展示などを見学して時間を潰します。

数千本のウイスキーやその原酒がならぶ空間。圧巻です!

館内のウォーターサーバの水はもちろん、サントリー南アルプスの天然水。

ツアーの開始時間になったので、集合場所に移動。概要やウイスキーの製造工程の説明をうけたあと、いざ工場へ。まずは、仕込みと発酵の工程。

これは、ステンレス製の仕込槽。

木製の発酵槽。こう見えて下に長く、高さ5mほどだとか。

続いて、蒸留工程。様々な形のポットスチルといわれる装置が並びます。室内は独特の匂いと熱気!

左右に並んでいます。長時間この部屋にいると、気持ち悪くなりそうでしたw

続いては、貯蔵の工程。ひんやりとした薄暗い空間に樽が大漁に並んでいます。

樽の中はこんな感じ。これは前面が透明アクリルの樽で、内部構造をみれます。

樽にも様々な種類、様々な年代のものがあります。

これは2005年のもの。1979年のものもありましたよー

場内にはこんな綺麗な場所もありました。さすが綺麗な水を使用して作っているウイスキーです。

サントリーのウイスキーの銘柄「ローヤル」の瓶のデザインのモデルが、この鳥居らしいです。

お待ちかねのテイスティングのお時間がやってきました!原酒2種類と山崎、山崎を使ったハイボールをいただきます。

このハイボールに使った炭酸水が、これまた大変美味しいものでした。

80分のツアー、あっという間に過ぎ去りました。帰りに山崎ウイスキー館の中にあるテイスティングカウンターで「白州」をいただき、お土産に「山崎」やおつまみを購入し、友人と別れ帰宅の徒に。ちなみにツアーの詳細は下記の公式サイトよりどうぞ。ツアーの代金は1000円でしたが、1000円でこれほど充実した工場見学をでき、有意義な時間を過ごせました♪

「山崎蒸溜所ツアー」をご紹介します♪
こんにちは、水野めぐみです。日差しが段々春めいてきましたね♪皆さんは春を感じる出...
サントリー山崎蒸溜所
関西・山崎にある山崎蒸溜所のご案内。蒸溜所見学や蒸溜所のこだわり、楽しみかた、山崎ウイスキー館をご紹介します。

途中、ヨドバシ梅田やグランフロント周辺でお買い物と夕食。

サンタコスの白い大きな犬の集団に人だかりができていたので、私も見物。グレートピレニーズという犬種なんですが、白熊のようで可愛いのなんの。

次は、ビール工場に行く予定です。