讃岐うどんと骨付鶏を食べる!2019香川方面ドライブ旅(1日目)

香川方面ドライブ旅

2/9〜2/10の2日間で、香川県へドライブ旅に行ってきました。
去年の同時期にも徳島県にドライブ旅に出たので、またしても四国方面への旅ということになります。

阿波国はあいにくの雨。徳島へ旅行に行ってきました(1日目)
...
雪がちらつく阿波国。徳島へ旅行に行ってきました(2日目)
...

香川県に旅に出た理由は、讃岐うどん骨付鶏を本場で食べたいという食欲です。あわせて、四国在住の知り合いと近況報告会を兼ねた会食を計画し、昨年の徳島旅行で行けなかったスポットも巡りつつ…という形で香川県へのドライブ旅となりました。

昨年の徳島旅行で行けなかったスポット 鳴門市ドイツ館

香川県でうどんと骨付鶏を食べる前に、前回の徳島旅行で行くことができなかった鳴門市ドイツ館へと向かいました。

鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館は、第一次世界大戦後にドイツ兵捕虜を収容した「板東俘虜収容所」での日独両軍兵士の交流、ベートーヴェンの「交響曲第九番」がアジアではじめてこの鳴門の地で演奏されたことにまつわる歴史を知ることができる施設です。

坂東捕虜収容所所長の松江豊寿が、ドイツ兵捕虜のできるだけ自由な暮らしを認めたことで、後世に文化的財産を築くことができたんだなと感じることができました。

日独交流の象徴 鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館館内は、資料の保全のため写真撮影が禁止となっていました。こじんまりとした資料展示だったのですが、当時の貴重な資料が多く展示されていました。新しい知識を身につけることができるのも旅行の楽しみですね。

他にもドイツ・ニーダーザクセン州に関するパネル展示、ミュージアムショップではドイツにまつわるグッズの販売などもありました。

鳴門市ドイツ館

世界的な音楽家であるベートーヴェンの銅像

鳴門市ドイツ館

板東俘虜収容所所長 松江豊寿の銅像

鳴門市ドイツ館併設の賀川豊彦記念館

鳴門市ドイツ館には賀川豊彦記念館道の駅 第九の里が併設されていました。賀川豊彦記念館は、鳴門市ドイツ館で共通入場券を購入してあったので、そちらを利用しての見学となりました。

香川豊彦記念館

労働運動などの社会運動を指導した社会運動家である賀川豊彦に関する博物館です。彼の生涯をパネルと貴重な資料でわかりやすく展示し、賀川豊彦がどういった人物だったのかを詳しく知ることができました。

私自身、賀川豊彦についてまったく知識がなかったのですが、知る機会が訪れたことに今回の旅のありがたみを感じることができました。

道の駅 第九の里
道の駅 第九の里

道の駅 第九の里の建物は、板東俘虜収容所で実際に使われていたものを解体、移築したもので、国の文化財にも指定されているようです。

お土産も品揃えがよく、ついつい多く買い過ぎてしまいました。

鳴門市ドイツ館|徳島県鳴門市『第九が日本で初めて演奏された地』
日本で一番ドイツさんに愛されたところ『世界のどこに、バンドーのようなラーゲルがあったでしょうか...』
鳴門市賀川豊彦記念館
友愛・互助・平和のために生涯を捧げ、ノーベル平和賞候補に4度、ノーベル文学賞候補に2度ノミネートされた世界の偉人・賀川豊彦。 鳴門市賀川豊彦記念館は、賀川豊彦のふるさと徳島県鳴門市に、多くの人々の寄付金によって建設されました。

2019香川方面ドライブ旅 1日目のグルメ

今回の香川方面ドライブ旅1日目で食べたものを紹介します。旅の目的であるうどんと骨付鶏もしっかりと食べました。

高松自動車道 津田の松原SAでうどん

讃岐うどん

まずは高松自動車道 津田の松原SAで食べたうどんです。
上下線ともに津田の松原SAには讃岐うどんコーナーがあり、美味しいさぬきうどんを手軽に食べることができます。

高松自動車道 津田の松原SA
高松自動車道 津田の松原SA

私自身、津田の松原SAの讃岐うどんコーナーは10年以上前から香川県に行くときに最初に食べる讃岐うどんになっています。

前回来たのがいつかも思い出せない中、変わらぬ讃岐うどんの味に少し懐かしさを感じることになりました。

宿泊ホテル併設の居酒屋「磯の匠」で刺身と骨付鳥

骨付鶏は一鶴にいつも行ってるのですが、今回は宿泊した坂出グランドホテル併設の居酒屋「磯の匠」で刺身や釜飯と共にいただきました。

骨付鶏

骨付鶏(ひな)

骨付鶏

骨付鶏(おや)

一鶴の骨付鶏に比べて、マイルドな味わいでした。それにしても、骨付鶏は酒が進む料理ですね。

タイの刺身

タイの刺身

ハマチの刺身

ハマチの刺身

四国は魚も美味しい地域なので、刺身も何品かいただきました。骨付鶏に負けず劣らず酒が進みます。

釜飯

〆は鶏の釜飯で。

私は今回のような旅行はもちろんですが、趣味の乗り物撮影の遠征においても時間とお金が許す限り、その地方の料理とお酒をいただくようにしています。楽しい時間を過ごせているお礼の意味も込めて、地酒は特に多めにいただいています。

2019香川方面ドライブ旅 1日目の交互浴

最近、交互浴にはまってることもあり、遠出したときに見つけたスーパー銭湯や温泉には時間が許す限り訪れています。

あらたえの湯 鳴門店

あらたえの湯 鳴門店

ボートレース鳴門の真横にあるのがあらたえの湯 鳴門店です。徳島市内のあらたえの湯は何度か訪れていますが、こちらは今回がはじめてです。

ボートレース鳴門、小鳴門橋を見下ろす露天風呂も良かったのですが、なんといってもサウナストーンを使った広く綺麗なサウナが最高でした。

シックで高級感あふれる内装も落ち着けました。

富士山頂コーラ

富士山頂コーラを置いてるところが個人的に最高です。

癒しの里 さらい

癒しの里 さらい

宿泊した坂出グランドホテルで無料入浴券をいただいたので、夕食前に行ったのが癒しの里 さらいです。

こちらはサウナが100℃程度と一般的なスーパー銭湯のサウナより高温で、水風呂には十和田石という石を使った浴槽が使われていました。洗い場と内湯、露天スペースの動線が少し不便でしたが、多種多様なお風呂があり、夕食前にしっかりととのうことができました。


以上が2019香川方面ドライブ旅1日目の記録です。2日目は香川県・善通寺市を訪れたので、そちらの旅の記録は後日掲載します。

追記:2日目の記録をアップしました。

讃岐うどんと骨付鶏を食べる!2019香川方面ドライブ旅(2日目)
讃岐うどんと骨付鶏が食べたくて、香川県へドライブ旅に行ってきました。1泊2日の旅だったのですが、2日目は香川県善通寺市で、歴史を肌で感じることができる総本山善通寺や乃木館といった観光スポットを訪れてきました。

和歌山港
和歌山港

最後に夜明け前の南海フェリー「つるぎ」船上からの風景を…

 


今回の香川ドライブ旅、宿泊予約は「じゃらん」を利用しました。