2019年高知・鰹と消防車の旅

2019年11月29日〜12月1日の2泊3日で、高知県に行ってきた。

高知県に行くのは3回目。今回は観光メインではなく、須崎市を中心におこなわれた令和元年度緊急消防援助隊中国・四国ブロック合同訓練の見学メインの旅となった。

こちらのブログでは、今回の旅の観光やグルメについて書いていく。

ちなみに高知に旅行に行くのは今回が3回目だ。

GW最初の2日間、高知で美味いものと酒を楽しんでいました
...
美味い魚を堪能しつつ呑み!高知県へドライブ旅行してきました
...

和歌山〜高知 今回の旅路

今回の旅は関西国際空港にフォロワーさんを迎えに行き、往路は明石海峡大橋を渡るルートで四国入りし、高松道および高知道を経て高知県入りをすることにした。

タイミングが悪いことに阪神高速4号湾岸線は工事で一部通行止めのため、大浜ICで降りて15号堺線と1号環状線、3号神戸線と大阪・神戸のど真ん中を久しぶりにドライブすることになり、南海フェリーでの四国入りより少し疲労気味の旅路となった。


小腹がすいたので高松道津田の松原SAでぶっかけうどん

復路は1人でゆっくりと高知道から徳島道を経て、徳島港より南海フェリーで和歌山へ帰ることにした。やはりフェリーのほうが仮眠をとることもでき、非常に楽だと感じた。

高知の観光スポット「筆山公園」、「桂浜」を満喫

高知旅行2日目、緊急消防援助隊援助隊の訓練会場の下見に高知の夜景スポットとして有名(らしい)筆山公園へ朝から出かけるもハイキングをしただけに終わり、休憩も兼ねて前々から行きたかった桂浜水族館に行くことにした。

あわせて桂浜高知県立坂本龍馬記念館の見物も行うこととし、夕方までゆっくりと観光を楽しんだ。

筆山公園から見た高知市街





筆山公園は今度は夜に来て、夜景撮影をおこなってみたいところだ。
ちなみに上から2番目の画像のように、風景を楽しんでいる間も着々と訓練は進んでいるようで、消防防災ヘリが離着陸を繰り返していた。

小さいけど楽しい桂浜水族館







小さい水族館だが、展示方法に趣向をこらしていて飽きる事なく様々な魚や動物を眺めることができた。
「この魚は美味いのか?」という説明が、各魚にあるのがとても面白かった。


海上保安庁がイベントをしていたので、マスコットキャラクターの「うみまる」が展示室内で愛想をふりまいていた。

風光明媚な桂浜


坂本龍馬像




ゆったりとした時間が流れる桂浜。3回目の高知にして初めて来てみたが、景色がよく何時間でもぼーっとしていられるところだと感じた。


坂本龍馬記念館では、貴重な資料の数々を閲覧。坂本龍馬という偉人の知らなかった事を学ぶ事ができた。

鰹を中心とした高知グルメで腹一杯

高知といえば日本酒。今回の旅でもしっかりとカツオを中心とした高知グルメと日本酒を堪能することができた。

おらんく家 本店

1日目の夜ご飯は、高知に行った時にいつも行くお店「とさ市場」が、早々に当日の営業を終えていたので、近隣のおらんく家という店にフォロワーさんたちと行ってみることにした。


鰹たたき(ポン酢)


鰹たたき(塩)


鯨の刺身


四万十鶏の塩焼き

酒はハイボールと地酒の酔鯨をいただいた。高知入りしたのが21時ごろとなり、少々駆け足な夜ご飯となってしまい、もう少しゆっくりと美味い飯と酒を味わいたかったなというのが正直なところだ。

須崎魚河岸 魚貴

2日目の夜ご飯は、須崎市内の宿泊したホテル近くにある須崎魚河岸 魚貴へフォロワーさんと行くことにした。


鯨の竜田揚げ


鰹タタキ(塩・ポン酢)


海鮮茶漬け

酒はハイボールと地酒の銘鶴をいただいた。落ち着いた雰囲気の店内と美味い飯、酒も進み楽しい夜ごはんとなった。

道の駅かわうその里すさき

高知グルメの締めは、訓練の撮影終了後に道の駅かわうその里すさきで鍋焼きラーメンとしらす丼のセットを選択した。


しらす丼


鍋焼きラーメン

疲れた体がしらす丼と鍋焼きラーメンのおかげで癒されていくのを感じるとともに、高知を後にする寂しさも少し感じる昼食となった。