純正じゃなくても問題なし!安いサードパーティのベルトをAppleWatchにつけてみた

ガジェット

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。

僕は今年の2月よりお風呂の時と充電している時以外、ずっとApple Watch series2をつけて生活しています。電話がかかって来た時も軽い内容ならApple Watchで通話したり、睡眠時間や消費カロリーを計測、LINEの通知をみたりとそれなりに活躍してくれています。

購入してから半年、ほぼ1日中つけているとベルトの色が変色してきました。

僕がApple Watchを購入した時に選んだベルトはウーブンナイロンのパール
結構黒ずんできちゃっていたので、次は汚れの目立たないブラックにしようと考えました。

でも、純正のバンドは高い!

そこでサードパーティの安いバンド、XMDirect ウーブンナイロンスポーツベルトを購入しました。

 

純正と遜色ないクオリティ!XMDirect ウーブンナイロン スポーツベルト

Amazonで1975円(購入当時)なので、純正の半額以下の値段です。包装も超簡易的で説明書の類も入っていませんでした!

袋にベルトが入っているだけで届きました。

ベルト交換

ではベルトの交換にうつりましょう。
ベルトの交換の前に、交換中の誤操作を防ぐためApple Watchの電源を切っておくことをお勧めします

ベルトを外すのは簡単とおもいきや…

Apple Watchのベルトの取り外しは裏面のボタンを押しながら、ベルトを横にスライドさせればとれるはず…なのですがこれが一苦労でした。

ボタンの押しが浅いからかなかなかとれず…

そりゃ簡単に取れたら危ないもんなと思いながらもなんとか取り外しできました。

勢いよくスライドさせたら指にささり痛かったです…

取り外した半年間使い黒ずんだベルトと新しくつけるブラックのベルトを並べてみました。長さもほぼ同じ、ナイロンの質もクオリティにほとんど大差ないです

取り付けは簡単!

取り外しは一苦労しましたが、取り付けは簡単!
ベルトをスライドさせると「カチッ」とはまります。

まずは片方を取り付けてみたところ

両方つけてみたところ

取り付けはベルトの向きが反対だとかっちりはまらないので、その点にご注意ください。

交換終了、純正と大差ない使用感

交換終了!
ブラックのベルトだとパールより引き締まった印象です。

先ほども書きましたが、純正と比べても違いがわからないクオリティの高さです。

実際につけてみても今までの純正ベルトとの違いがわからない。

一言まとめ

わざわざ純正の交換ベルト買わなくてもこれで充分だ!というのが一言まとめとなります。

そろそろApple Watchのベルトを交換したいけど純正は高いしなあと思われている方、安価なサードパーティのベルトでも充分なクオリティですよ?

純正にこだわりがあるなら別ですが、安いサードパーティでも純正と変わらない製品が買えるので様々なベルトを買い、その日の気分によって付け替えるのもいいんじゃないでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
次回の記事もよろしくお願いします。