和歌山市初の屋内シューティングレンジで遊んできた

ライフスタイル
現在こちらのシューティングレンジは、サバイバルゲームのインドアフィールドになっています。

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。

先日、ついに公開となったアウトレイジ 最終章を映画館で見てきました。前作、前々作に引き続き「ばかやろー」の応酬と裏切りや策略の連続で、まさに最終章と言うべき作品に仕上がっていました。

アウトレイジを見終わり映画館を後にする時、ふと拳銃を撃ちたくなりました。でも日本国内では、本物の拳銃を撃つことなんて警察官や自衛官といった仕事につく以外ほぼ不可能。グアムや韓国、タイなどの海外へ行く必要があります。本当は本物の拳銃を撃ってみたいんですが、それは次の機会…というわけでトイガンを撃てるシューティングレンジ(簡単に言うと射撃場)が、和歌山市内のゲームセンターに併設されているとの情報を得たので行ってきました。

懐かしい雰囲気のゲームセンターの中にあるシューティングレンジ

プレイランドCIRCUS松江店

シューティングレンジが併設されているのは、和歌山市北西部の和歌山北警察署近くにあるプレイランドCIRCUS松江店

店内の雰囲気。
写真を撮るのを忘れてしまったのですが、アーケードゲームがたくさん並ぶフロアも90年台後半のTHEゲームセンターという懐かしい雰囲気でした。いいですよね…90年台後半のあの雰囲気。

昔ながらのゲームセンター、一時期に比べて随分と減ってしまいなんだか寂しいですよね汗

受付をすませて、いざシューティング!

シューティングレンジを利用するため、カウンターでまずは手続きをすませます。初回利用はレンタルガンが無料とのことで数種類あるレンタルガンの中から1つ選びます。

僕が選んだのはSIG&SAUER P226E2(東京マルイ製・ガスガン)。

ガスガンとは圧縮ガスの力で弾を発射するトイガンの種類で、実銃のようにスライドが動くなどリアルなものです。

他のレンタルガンは、FN Five-seveNやM9A1など(東京マルイ製・ガスガン)が置いてありました。もちろん自分のガスガンや電動ガンの持ち込みもOK。

ガスガンとマガジン(弾が入った銃の部品)2つ、セーフティゴーグルを借りて、シューティングレンジへ移動。

シューティングレンジはショートコースとロングコースがありました

シューティングレンジはこんな感じ。
左がショートコース、右がロングコースとなっています。僕は調子に乗ってロングコースに挑戦することにしました。

うーん…ターゲットが遠い…ハンドガンでロングコースは厳しいかも汗

射撃は、思ったより難しいぞ!

さっそく射撃をはじめます。
気分はジェームズ・ボンドジョン・ウィック といったところ(笑

ガスガンって結構重たいんですね。
小学生の頃にもっていた夜店のくじびきの景品のプラスチックのエアガンとは比べ物にならない重さ。

的が遠い…弾が当たらない…
素直にショートコースにすればよかったとマガジン1つ撃ち切って反省。

※撮影用に左手でもっています。

これ!この弾を撃ち切ったときのスライドストップがいい!
拳銃の一番かっこいい姿だとかんじます。

マガジン2つ(50発)撃ち切った結果…
まぐれで真ん中に当たったものがありますが、ほとんど的にすら当たらずという残念な結果となりました。

気になる利用料金は400円でした。さくっと遊べてプレイ料金も安価、これからちょくちょく遊びに行こうと思っています。

プレイランドCIRCUS|公式ページ

マイガスガンを欲しくなった

今回はレンタルのガスガンで遊んだのですが、やっぱり自分専用のマイガスガンも欲しくなりました。やっぱり遊ぶなら自分専用の銃で遊びたいですからねー。

候補としては以下の物を考えています。

  • H&K HK45
  • H&K USP
  • デザートイーグル
H&K HK45

本当はP30というのが欲しいのですが、残念ですが2017年10月現在ガスガンで商品化されていません。P30を元にしたHK45は商品化されているのでひとまずこれを選ぼうかと。

H&K USP

2017年10月現在USP COMPACTが商品化されており、年末にオリジナルのUSPがでるようです。

USPといえばアンジェリーナージョリー主演のトゥームレイダー、トムクルーズ主演のコラテラルなどの作品でおなじみですよね。

デザートイーグル

最強の拳銃として有名なデザートイーグル。大きいは正義!

映画にもよく登場する拳銃で、有名なところではシュリやニキータ、コマンドーなどでしょうかね。

どれにしましょうかね?
そういや大阪にはシューティングバーもあるようなので、機会があればそちらにもいってみたいとおもいます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
次回の記事もよろしくお願いします。