ディアウォールで棚作り

DIY

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。

プリンタを置くための棚を、ディアウォールを用いて作ってみました。

ディアウォールで簡単棚づくり

材料・工具

購入したおもな材料は、以下の通り。ディアウォールはAmazon、それ以外は近隣のホームセンターにて購入しました。ホームセンターでもディアウォールは売っていたのですが、amazonよりだいぶ高かったです。

  • ディアウォール 2セット
  • 2×4材8F 2本
  • 1×12材 1本
  • 棚受け
  • 水性ペンキ
  • 木ネジ

ディアウォール?

壁に穴を開けずに柱をたてることができる商品のことです。後述の2×4材の上下にディアウォールを装着し、天井と床の間に突っ張らせます。簡単に柱をたてることができるので、いろいろな用途に使え、DIY関連のブログなんかでもよく登場します。

垂直方向に突っ張るためか、きちんとした寸法の2×4材を用いることで、対荷重も相当なものですが、水平方向には使用できないので、注意が必要です…

 2×4材?

38mm×89mmの規格の木材のことで、DIYによく用いられます。SPF(スプルース、パイン、ファー)という樹種が用いられ、加工が容易です。どこのホームセンターに行っても売られているので、調達も簡単♪

あると便利な工具

電動ドリルドライバーは、柱に棚を設置するときの下穴開けやネジ締めにあると本当に楽です!昔から使っていたやつが壊れてしまい、同レベルの物を買おうと思っていたのですが、材料の買い出しに行ったホームセンターでちゃちいながら1000円ほどのものを見つけたので、購入しました。今回のような棚をつくるぐらいなら、問題なく使えてます。今後、本格的にDIYをはじめるならそれなりのものがいるのでしょうけど、立てかけた柱に棚をつけるぐらいなら安いので十分です。

あと、水平器。これも棚をまっすぐつけるためには必須!百均でも売っているので、DIY程度ならこれで十分かな。

製作

買い出し・切削加工

木材はホームセンターで購入し、有料のカットサービスを利用しあらかじめ設計した寸法に切断します。自分でノコギリを使って切るより早く正確な有料カットサービスを、利用しないのは、もったいないです。ちなみに様々なDIYブログなんかを見ていると、ディアウォールの説明書きでは床と天井の間の長さから45mmひいた長さの2×4材を利用するとありますが、40mmぐらいのほうがいいみたいですね。

購入した材料を家に持って帰ってきて、ヤスリがけと棚板の柱の部分の切り欠きをノコギリで制作。

塗装

ペンキを塗るときは、ハケを使うよりローラーを使った方が格段に作業スピードがはやいです。塗装をおこなうときはブルーシートをひいて、木材とブルーシートの間に割り箸でもなんでもいいので置いて、隙間があくようにしましょう。ペンキがブルーシートとくっついてしまい汚くなってしまったりします…

乾燥は念のため、1週間ほどみたほうがいいのかな?と思います。半乾きで部屋が汚れてしまっては大変ですからね。

組立

組立の第一段階は、ディアウォールをセットし2×4材を立てることからです。まず、天井を合わして、少し持ち上げながらスライドさせると簡単に立てれます!

あとは、棚板を取り付けたいところにつけるだけ。棚受けを柱側に先につけるのがいいのか棚板につけてから柱に固定するのがいいのかはわかりませんで、今回は先に棚板につけてから寸法をはかり、電動ドリルドライバーで下穴をあけ、棚受け付属のビスで柱に固定しました。この時に、水平器があると便利。

奮発してステンレスの棚受けを買ったのですが、安いスチールのもので良かったような気もしますw

少し設計ミスがあり修正も多々ありましたが、ワイヤーネットをつけてみたりフックをつけてみたり、棚板を増設したりできる拡張性の高い棚を簡単につくることができました。