ブログを書いて疲れた目は、ホットアイマスクでケアしよう

ガジェット

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。回収犬(@retriever666)です。

僕は仕事でもプライベートでも常にといえるほど液晶画面を見ています。通勤中の電車の中でTwitterや日頃お世話になっているフォロワーさんのブログを読み、仕事中は液晶画面を長時間みつめています。

僕だけでなく読者の皆さんも、日頃から目を酷使されている方が多いのではないでしょうか。

ときどき目薬をさしては見るものの、家に帰ってくると目はとてつもなく疲れている毎日を過ごしていたのですが、最近あるアイテムを使って目の疲れをケアしています。液晶画面を見る時間を意識して減らしているのもあるのですが、ホットアイマスクのおかげで夜もぐっすり眠れています。

ホットアイマスクで疲れ目をケア

目の疲れってしんどいですよね。目だけでなく頭痛や吐き気もあわさってきますし…

もともと、使い捨てタイプのホットアイマスクを使用していたのですが、毎日使う上でのコストを考えると結構なものだったので、USB電源で使えるタイプのホットアイマスクを購入しました。

開封レビュー

Amazonから荷物が届くときいつでもワクワクしますよね。

外箱はこんな感じ。なかなかの大きさです。

箱から出してみる

さっそく箱から出して見ましょう。

出して見ると、ちょっぴり怪しげな感じ。

目につける部分は真ん中がくぼみ、ある程度のクッション性があるのでつけた時に痛いということはないです。

マジックテープはなんかカーボンぽいハイテクな感じ。普通のマジックテープみたいなトゲトゲしたやつだとつけたときにチクチクしそうな気がします。

電源ケーブルはマグネット式。

カパっと装着。
ケーブル本体はフラットなタイプ。長さは少し短め…ですかね。

パソコン作業の合間に使用するのなら問題ないのですが、USB電源を取り辛い場合はモバイルバッテリーを使用するのがよいですね。

温度設定が一目でわかるのは◯

温度設定は38℃、40℃、45℃の三段階。僕はいつも45℃で使用しています。

いまの温度設定は電源ボタンのライトの色で判別可能。わかりやすいです。

38℃だと青色。

40℃は黄色。

45℃は赤色。

毎晩、寝る前に目を温めています

僕は平日は毎晩、寝る前にベッドに寝転びながら使用しています。休日はこうしてパソコンを使っている合間に使用することが多いです。

使い捨てタイプと違い、使いたい時にUSB電源さえあればどれだけでも使えるので、コスト的に断然こっちの方がいいのではないでしょうか。

日々、目を酷使する現代社会。少しでも目をケアしてより良い生活をおくりたいものです。