和歌山・加太の森林公園でロックスターが植樹したアジサイ探し

写真撮影/動画撮影

ジメジメとした梅雨に入りました。

例年であれば、4〜7月頃は自衛隊関連のイベントの撮影にあちこち出かけているのですが、今年は新型コロナウイルスの影響により軒並みイベントが中止となってしまい、休日は買い物に出かけるだけのような状態です。

しばらくカメラも防湿庫に入れっぱなしとなっています。
このままだとカメラの使い方を忘れてしまいそうだったので、ちょうど見頃を迎えるアジサイを撮影するため、とある場所へいってきました。

和歌山市・加太地区の森林公園

やってきたのは和歌山市北西部にある温泉で有名な加太地区にある森林公園
地元の人には「恐竜の公園」でおなじみの場所です。


大きな恐竜のオブジェが合計4体
ディプロドクス、ケラトサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルスというラインナップです。



恐竜だけでなく公園内には、様々な動物のあまり可愛くないオブジェも点在しており、ちょっとカオスな感じになっています。

森林公園のアジサイ園

ちょっとカオスで怪しげな森林公園なんですが、公園内に日本一のアジサイ園を目指して地域の方々が毎年、植樹されているアジサイ園があります。

6000本以上のアジサイが植えられていて、今年の冬には和歌山市が産んだロックスターとして有名なL’Arc-en-Cielのボーカル、「和歌山市ふるさと観光大使」のHYDEさんもアジサイを植樹されたようです。

和歌山市ふるさと観光大使のHYDEさんが森林公園でアジサイ植樹
「和歌山市ふるさと観光大使」のHYDEさんが1月14日、「人と自然のふれあい公園 森林公園」でアジサイの植樹を行った。

どのアジサイがHYDEさんの植樹されたものかは、特に案内看板などがないため不明…
ニュース映像などをみながらこれかな?と多くのアジサイの中から探すしかないです。私は結局、確信をもって「これだ!」と言えるアジサイを見つけれなかったです汗

森林公園のアジサイを撮影する

撮影にはSONY α6500SONY SEL1670Zをつけて臨みました。乗り物系イベントではCanon EOS 90Dを使うことが多いのですが、ミラーレス機のほうがやはり手軽に感じます。

以下はアジサイ園内を散歩しながら撮影した写真です。

青、白、紫…色とりどりのアジサイが梅雨空の下で咲き誇る姿は、とても幻想的な趣を感じます。

梅雨の時期はあまり好きではありませんが、その中でもアジサイの開花は楽しみの一つ。
このご時世、暗い話題ばかりの中で綺麗な花を見ると、少しほっとしました。

風にゆらめくアジサイの動画は、youtubeのほうで公開しています。

森林公園のアクセスなど

和歌山市公式サイトの案内ページ


森林公園周辺は道幅の狭いところが多く、たまにドライブしにいくと楽しいです。