iPhone 8からiPhone SE(第2世代)にスマートフォンを更新してみた

ガジェット

新型コロナウイルス禍の下で、酒飲みながらYouTubeAmazon Prime Videoで映画などを見たりして、こじんまりと自宅で過ごしています。

そんな中で注文してあったiPhone SE(第2世代)がようやく手元に届きましたので、現在使っているiPhone 8との違いなどを自分なりに簡単にまとめてみます。

iPhone SE(第2世代)256GB (PRODUCT) REDの外観や使い心地

今回、購入したのはiPhone SE(第2世代)の256GB、カラーは(PRODUCT) REDです。購入代金は新型コロナウイルス対策やHIV/AIDS対策に使われます。赤色が好きなのもありますが、微力ながら社会貢献できるということでiPhone 8のときも(PRODUCT) REDを選択しました。これからもよっぽどのことがない限り、(PRODUCT) REDを選択すると思います。

(PRODUCT)RED
Appleは13年間にわたって(RED)と連携し、HIV/AIDSを治療する基金プログラムに対する支援を続けてきました。みなさんが(RED)製品を買うたびに、AIDSの感染者がいない世代の誕生に一歩近づきます。

iPhone 8とあまり変わらない外観


iPhone SE(第2世代)の外観はiPhone 8とほぼ一緒です。
背面はiPhone 8とリンゴマークの位置やテキストが違います。また同じ(PRODUCT) REDですが、iPhone 8とは色味も違います。

内容物はiPhone本体とイヤフォン、充電器というおなじみの構成です。

iPhone 8に使用しているSpigenのiPhone 8用ケースもぴったりはまりました。

iPhone SE(第2世代)購入に合わせて新調したケースなど

iPhone SE(第2世代)の購入に合わせて、下記のケースと液晶保護フィルムを購入しました。


フィルムは、他のレビューブログなどで報告されている左右の浮き上がりもなく貼ることができました。



ケースも問題なくぴったりとハマりました。クリアのケースを選択したので、赤いiPhoneというのがはっきりとわかります。

iPhone SE(第2世代)の使い心地

使用感はiPhone 8と一緒で、なんら違和感ありません。データ移行もiPhone同士をBluetoothで接続する事で、1時間強で終了しました。

データ移行後は各アプリのログインなどをすませ、SIMを移し替えるだけで機種変更完了です。

体感的に新しいiPhone 8を買ってきたような感覚で、新しい機種感は薄いです。

iPhone 8とiPhone SE(第2世代)でカメラの撮り比べ

ちょうど手近なところにあったF-35戦闘機(トミカ)を、純正カメラアプリでとり比べてみました。

微妙に画角が変わっていますが、ほぼ同じ時間帯に撮影したものです。若干iPhone SE(第2世代)のほうが画質良い気がします。

iPhone SE(第2世代)からはポートレートモードが使えるようになったのですが、乗り物か犬、食べ物しか撮影しない自分には必要なさそうかも…

iPhone SE(第2世代)のバッテリー持ち

バッテリー持ちは、可もなく不可もなくといった感じです。iPhone 8とバッテリー容量変わっていないようなので、新品時代のiPhone 8と変わらないのかと思います。

2年使っているiPhone 8のバッテリーの状態は、最大容量87%になっています。それでも朝から夜まで、自分の使い方(TwitterやChromeをよく使う)では十分にバッテリーに余裕があるので、ヘビーな使い方をしない限り問題ないバッテリー持ちだとおもいます。

そもそもiPhone SE(第2世代)を購入した理由

そもそもiPhone SE(第2世代)を購入した理由は、現在使っているiPhone 8のバッテリー持ちなどが結構悪くなってきたためそろそろ更新を考えていた時に手頃な値段で発売されたからです。

トリプルカメラや有機ELを搭載したiPhone 11などは、自分にとって必要十分以上のスペックで値段もちょっと高く感じるました。これまで使用していたiPhone 8をベースに進化したiPhone SE(第2世代)は、発売タイミングやスペック、値段などが自分の望んでいたものそのものだったのです。

これまで使っていたiPhone 8の使い道

これまで使っていたiPhone 8ですが、デジタル一眼レフカメラのアクセサリーシューなどにマウントをつけて、写真撮影と同時に動画撮影するのに使用しているiPhone SE(初代)の後継として活用していく予定です。

iPhoneは趣味の乗り物撮影の際、動画の時間制限(デジカメによくある30分制限など)がなく、長時間の動画を撮影するのに重宝しています。使えるうちはiPhoneを使い倒すのが僕のスタイルです。


はやく新型コロナウイルス禍が収束し、旅行や乗り物イベントだけでなく様々な場面でiPhone SE(第2世代)を活用できるようになりたいところです。