【備忘録】MacにMAMPをインストールし、バーチャルホストを設定する方法

MAMP Webプログラミング

WordPressでブログを運営していると「もっとカスタマイズをしたい!」と考えるようになってきました。しかし、本番環境(現在ネット上に公開されている環境)でのカスタマイズは、データの消失やWordPressが動かなくなるなど多くの危険性があります。

そこで必要となってくるのがローカル環境(自分のPC内の環境)になります。この記事では私個人の備忘録として、Macにローカル環境をMAMPというソフトウェアで構築し、バーチャルホストを設定する方法をまとめています。

  • 掲載している情報は記事作成時の情報です。
  • ソフトウェアのバージョンアップなどにより、最新の状況と差異が発生する場合があります。
  • 本記事掲載内容によって発生した損害等については、一切の責任を負いかねます。

MAMPとは

Macintosh, Apache, MySQL, PHPの略でMacでローカル環境を構築する時によく利用されているソフトウェアです。

Windowsでローカル環境を構築する時によく利用されているXAMPPというソフトウェアもあります。

MAMP、XAMPPともにWindows、Macどちらでも使えます。

MAMPをインストール

下記ページを参考にさせていただきました。

MacでMAMPを使ってWeb開発環境(ローカル開発環境)を構築 | Free Style
Web開発をするにあたり開発環境を整えるのですが、費用を費やして実際のサーバを借りなくても自分のパソコン内に開発環境を整えることができます。PHPなどのサーバーサイドスクリプト言語を学習する際にも使えます。ここではMacのローカル環境にMAMP(マンプ)を入れて、仮想Webサーバを構築する方法をご紹介します。

アプリケーションをダウンロード

まずは公式サイト(https://www.mamp.info/en/)からアプリケーションをダウンロードします。

MAMP

「MAMP」のロゴの近くにある「Free Download」ボタンをクリック。

MAMP

Macにインストールするので、Appleのロゴマークの下のボタンをクリック。ダウンロードがはじまります。

インストールの手順

ダウンロードした.pkgファイルを開き、Macにインストールしていきます。

MAMP

MAMP

MAMP

「続ける」ボタンをクリックし、進んでいくとインストールが完了します。続いてインストールしたMAMPの設定をおこなっています。

インストールしたMAMPの設定

MAMP

MAMPをインストールしたら有料版のMAMP PROの体験版がついてきます。今は必要ないのでアンインストールしておきます。

MAMP

アンインストールは、MAMP PROのアイコンを「アプリケーション」フォルダから「ゴミ箱」へ移動します。

MAMP

MAMPの設定をしていきます。まずはMAMPを開き、

MAMP

「MAMP」→「Preferences」とすすんでいきます。

旧バージョンですとMAMPを開いてすぐに「Preferences」に進めたようですが、私がインストールした新しいバージョンでは進めなくなっています。これについては以下のページを参考にさせていただきました。

MAMP設定〜2018年版 Claud機能が追加されたが設定はどこで? | IT工房|AI入門とWebの勉強サイト
2018年にMAMPのCloud機能が追加されました。共同作業をMAMPで行う場合は便利かと思いますが、PHPやWordPressの学習のためには必要無いものです。 MAMP(旧バージョン)の新規インストールの方法はこちら。 *新バージョンもインストール方法は同じです。 MAMPのインストールや設定は以前のバージョンと...

MAMP

「Ports」タブでApache Portを80、MySQl Portを3306に設定します。

「OK」ボタンをクリックし、ドキュメントルート(/Applications/MAMP/htdocs)にindex.htmlを起き、最初の画面の「Start Servers」をクリック。

MAMP

ブラウザでhttp://localhost/を開きます。正常にページが開かれているのを確認できたら、ローカル環境構築は完了です。

バーチャルホストの設定

ついでにバーチャルホストの設定をしておきます。バーチャルホストは、1台のサーバで複数のドメインを運用する技術のことです。複数のシステムのローカル環境を構築する時に便利になってきます。

ApacheのVirtualHostってなんだ - Qiita
Apache2.4のVirtualHostがわからないので勉強しつつメモ。 実際にコマンド打ったりしたわけじゃないので間違えてる部分もあるかも… #ApacheのVirtualHostってなーに? >バーチャルホストという用語...

下記ページを参考にさせていただきました。

MAMPでバーチャルホストを設定して複数のドメインを使う方法 | Free Style
MacでMAMPを使ってローカル開発環境を構築して、テストサイトの構築やサーバサイドスクリプトの学習などする際に複数のドメインで管理したいことがあります。ここではバーチャルホストを設定して複数のドメインを使う方法をご紹介します。

MAMPでバーチャルホストを設定

MAMP

MAMP

/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.confの574行目を、下の画像のように書き換えます。

MAMP

続いて/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.confに上の画像のような書き方で追記します。上の画像の場合、http://test1.localをブラウザで開くと/Applications/MAMP/htdocs/test1フォルダの中身を表示するように設定しています。

MAMP

MAMP

続いてターミナルで、/private/etc/hostsファイルに下の画像のように追記します。

MAMP

MAMPを再起動し、ブラウザでhttp://test1.localを開いて確認します。正常に/Applications/MAMP/htdocs/test1フォルダのindex.htmlが開かれているので、バーチャルホストの設定は完了です。

バーチャルホストを追加するときは、上記手順を繰り返すだけです。

以上がMAMPでローカル環境構築&バーチャルホストの設定手順になります。構築したローカル環境に、現在公開しているWordPressを使ったブログの内容をもってくる手順は今後まとめたいと思います。