写真も動画もいける三脚、Manfrotto COMPACT Action

Manfrotto COMPACT Action カメラ

こんにちは、回収犬(@retriever666)です。

写真や動画を撮る際に重宝するのが三脚です。僕は大小あわせて4本の三脚を保有し、現在はManfrotto COMPACT Actionという製品をメインで使っています。

この記事ではManfrotto COMPACT Actionをメインで使っている理由や使い勝手をまとめてみました。Manfrotto COMPACT Actionを購入する際にネット上の情報が思ってたより少なかったので、何かの参考になればと思います。

Manfrotto COMPACT Actionは写真と動画に対応

Manfrotto COMPACT Actionを購入した決め手は、フォトモードムービーモードフォト/ムービーセレクターによって切り替えることができ、写真と動画の両方に対応できるところでした。

一般的な三脚の雲台(カメラを乗せる部分)は写真を撮る用途に特化した作りになっていることが多く、動画を撮る際になめらかなパンチルトをおこなうのは難しいです。動画撮影用の雲台をつけた三脚も数多く売られていますが、少々高めな値段なことが多いです。

僕もこれまでは写真用の三脚のみ保有していたのですが、動画を撮ることも多くなってきたのでなめらかにパンやチルトができる三脚が欲しくなりました。下のような動画撮影用の雲台を購入し、手持ちの三脚の雲台と交換も考えたのですが、たまたま目に入ったManfrotto COMPACT Actionはフォトモードとムービモードを兼ね備えていると知り、購入するに至りました。

フォト/ムービーセレクター
これを切り替えることでフォトモードとムービーモードを選択することができます。
Manfrotto COMPACT Action
Manfrotto COMPACT Action
外観の1番の特徴はこのガングリップです。これのおかげで動画撮影が本当にしやすいです。
Manfrotto COMPACT Action
最大で1.5kgまでのカメラに対応しています。僕がメインで使っているα6500だと余裕です。

フォトモード

フォトモードは水平方向垂直方向角度が自在に動かせるモードです。

Manfrotto COMPACT Action

フォトモードの場合は角度が変えれるので、縦撮影ができるようになります。

ムービーモード

ムービーモードは水平方向垂直方向にのみ動かせるモードです。角度が変わらないのでパンをするときにありがたいです。

ムービーモード選択時は、縦撮影はできません。

Manfrotto COMPACT Action

ガングリップは本当に持ちやすいデザインです。動画撮影の際に少しひっかかりを感じる時もありますが、写真用の三脚でパンやチルトをするよりも格段に使い心地がよいです。

Manfrotto COMPACT Actionの使い勝手

Manfrotto COMPACT Actionを購入して数ヶ月、何度か使用した使い勝手は少し器用貧乏かなと感じるものの、なかなかの使いやすさです。

動画撮影用雲台を装着した本格的なビデオ用三脚に比べると劣りますが、慣れれば十分かなと今は感じています。まだ使い込んでいないので撮影時にかくついたりすることが多く、しっかりと練習を積んでいこうと思っています。

クイックリリースシステム

Manfrotto COMPACT Actionのクイックリリースシステムは、スムーズな撮影が可能なものです。

Manfrotto COMPACT Action

この小さな丸い部品(クイックリリースプレート)をカメラの三脚穴に取り付け、カメラごと雲台の中央の穴にセットするだけでセット完了です。

Manfrotto COMPACT Action
Manfrotto COMPACT Action

カメラ(α6500)に取り付けた様子。別売りもしているので、手持ちのカメラの数だけ買っておくのもよさそうです。

Manfrotto COMPACT Action Manfrotto COMPACT Action

Manfrotto COMPACT Action

あとは雲台に装着し、レバーとダイヤルで固定するだけです。

Manfrotto COMPACT Actionには水平器がついていないので、水平をしっかり出すのは難しいところ。

カメラと三脚をすぐにセットできるのは、乗り物撮影をメインとしている僕にとってありがたいです。

コンパクトで軽い

最大155cmまで伸ばせますが、縮めると45cm程度と比較的コンパクト。重さも1.2kg程度なので、持ち運びも容易です。重たい三脚は持ち運びが億劫になりますからね…

Manfrotto COMPACT Action

縮めた状態。だいたい45cm程度です。

脚はレバー式で簡単に伸び縮みができます。個人的に三脚の脚はレバー式の方が好きです。

Manfrotto COMPACT Action

僕が撮影用バッグとして使っている**モンベル・ユティリティーデイパック*にも入れることが可能です。

手元で簡単にロックが可能

雲台の角度や向きを固定したい際、一般的な三脚ではいくつものネジを締めないといけませんが、Manfrotto COMPACT Actionは手元のダイヤルを回すだけで固定が可能です。

Manfrotto COMPACT Action

こちらがロックダイヤル。雲台を固定したい場合は前方方向に回し、固定を解除したい場合は手前側に回します。このあたりは主に動画撮影の際に重宝します。

まとめ

動画撮影用の三脚が欲しい…けど写真も撮りたい…できるだけ三脚はまとめたい」という要望を叶えるには最適な三脚だと思います。

確かに写真、動画それぞれに特化した三脚を使う方がいいのでしょうけど、比較的安価にどちらにも上手に対応できるManfrotto COMPACT Actionを購入したのは、賢い選択だと自分では思っています。

Manfrotto COMPACT Action

Manfrotto COMPACT Action

付属の収納袋も安っぽくない上質な質感です。

Manfrotto COMPACT Action

ガングリップが特徴的なManfrotto COMPACT Actionで、これからも色々な写真や動画を撮影していきたいです。