iPhoneで撮る動画にワンチョイスを。Neewerスマホビデオリグ

ガジェット

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。回収犬(@retriever666)です。

早いもので1月も半分が過ぎ去ってしまいました。僕は、年度末に向けて仕事が繁忙期、趣味の方では出初式シーズン、文化財防火デーにともなう消防訓練の撮影とそれなりに忙しくしています。

出初式など消防車関連記事については、別ブログで掲載しています。

さて、今年の出初式撮影や去年のクリスマス前に訪れた白浜アドベンチャーワールドで大活躍したアイテムを今回紹介します。

5頭のパンダが間近で見れるアドベンチャーワールド。パンダは上野だけじゃない
...

ビデオマイクをつけて、iPhone動画をパワーアップ

今回紹介するアイテム、スマートフォン用のカメラリグと言われるものになります。簡単にカメラリグが何か言うと、カメラにアクセサリー(マイクやライト等)を装着するための拡張パーツです。

仮面ライダークウガで例えるとトライチェイサー2000がカメラ本体、ゴウラムがカメラリグとアクセサリー、それらが合体したトライゴウラムがカメラリグによってアクセサリーをつけたカメラと言う感じでしょうか。

スマートフォン用カメラリグといえばBEASTGRIP

スマートフォン用カメラリグでもっとも有名なのは、CM撮影などでプロも使用するBEASTGRIPという製品。

高級車ブランド、ベントレーのCM撮影にも使われているガチなやつなんですが、お値段もそれなり。さすがに今回は購入を断念しました…

いつか購入しようとは思っているのですが、いつになることやら。

 Neewer・スマートフォンビデオリグを購入

今回、僕が購入したカメラリグは安価で高品質なカメラ用アクセサリーを提供してくれるNeewerの製品です。

外観など

外観の写真載せていきます。

箱から取り出すとこんな感じ。
質感はプラスチッキーですが、安物といった感じはあまりないですね。

アクセサリーシューの精度もGood

スマートフォンを挟み込む部分
クッション素材のおかげできつめにスマートフォンを挟み込んでも、傷がつくことはなさそうなのがいいですね。

iPhoneを挟み込んでみるとこんな感じ

挟み込む部分はこのネジで調節可能。大きなスマートフォンから小さなスマートフォンまでカバーできます。

特に問題ないこのアイテムですが、ここのネジが気がついたら外れかけといったことが何度かあったので気をつけたいところ。さあ撮影といった時にこのネジがなくスマートフォンを装着できないと大問題ですからね。

RODE VideoMic Goを装着

VideoMic Goを装着してみました。

iPhoneSEとVideoMic Goの組み合わせ
動画を撮る際には、コンパクトなiPhoneSEより大きな画面のiPhone7 PlusやiPhone8 Plusの方が見やすいかも。

あまりごつごつした感じもなく、シンプルな感じです。
持ち運びも苦じゃありません。

ネジをきちんと閉めると、装着部のガタ付きもないです。

実際に撮影した動画

実際にiPhoneSEとVideoMic Goの組み合わせで撮影した動画を載せていきます。

白浜アドベンチャーワールドで暮らすジャイアントパンダ5頭の様子を撮影した動画です。

こちらは湯浅町消防出初式で撮影した動画です。

ただiPhoneを手持ちで撮影するより、両手で保持することから比較的安定した動画を撮ることができ、外部マイクを装着していることで音声もクリアになっています。

三脚に装着して撮影してみてもいい感じ。

iPhoneで動画を撮る時にワンチョイスを。これからもスマートフォンでいろいろ動画を撮る技術を磨いていきます。まずは動画撮影アプリFilmic Proの使い方をマスターしたいところです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!次回の記事もよろしくお願いいたします。