5頭のパンダが間近で見れるアドベンチャーワールド。パンダは上野だけじゃない

ライフスタイル

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。犬を中心に様々な動物に好かれる回収犬(@retriever666)です。

上野動物園にパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が誕生し、世はちょっとしたパンダブームになっています。連日のようにマスコミは「上野のパンダ」を紹介していますが、ここで和歌山県民の僕に一言言わせてください。

「和歌山にもパンダたくさんいるよ!」

関西圏の方々も「白浜にパンダたくさんいるのに…」と嘆くツイートをされている方々が多く、このパンダブームにあやかり久しぶりに「和歌山のパンダ」を見に行こうと思い立ち、観光地として名高い白浜町にあるアドベンチャーワールドにいってきました。

ちなみに、おなじ関西の兵庫県、王子動物園にもパンダはいます。

アドベンチャーワールドには、5頭のパンダがいる

2017年12月現在、アドベンチャーワールドには日本最多の5頭のパンダがいます。上野動物園の「シャンシャン」の公開は抽選制だそうですが、アドベンチャーワールドは、抽選もなく近くで思いっきり見れます!

パンダ界のビッグダディ、永明

和歌山のパンダといえば、この子の活躍があってのもの。14頭の子供のパパ「永明」。

1994年に中国より来日し、2008年に天国へ旅立った「梅梅」との間に6頭、次に紹介する「良浜」との間に8頭の子供をもつパンダ界のイケメンパパであります。

人間で言えば70歳を超えたおじいちゃんなのに、生涯現役のようです。モテ男…

そのパンダ界の生ける伝説も、間近で並ばずにゆっくりと見れるのが白浜アドベンチャーワールドのいいところ。

8頭のお母さん、良浜

続きまして、白浜パンダファミリーのママ「良浜」。
実はこの子、永明の前妻「梅梅」が来日時に妊娠していた子供だったりします。

2008年9月以降、8頭の子供を出産しています。2年に1回は生まれてます。和歌山ではパンダの出産はわりとよくあることなのです笑

双子の桜浜、桃浜

2014年12月に生まれたのが、双子の「桜浜」、「桃浜」。

耳の毛が長く目の模様の目尻がつり上がっているのが姉の「桜浜」、耳の毛が短く鼻が長いのが妹の「桃浜」のようです。

うーん…どっちがどっちだろ?

1歳になったばかり、結浜

白浜パンダの中で一番若いのが、9月に1歳になったばかりの「結浜」。

頭の毛がとんがっているのがチャームポイントの女の子です。
氷のクリスマスケーキをプレゼントされるイベントを見ることができました。

現在いるのはこの5頭のパンダ。
これまでに生まれたパンダたちは中国に帰り、絶滅の危機に瀕したジャイアントパンダの保護のため活躍しています。

ちなみにアドベンチャーワールドは、中国のパンダ研究施設である成都大熊猫繁育研究基地の日本支部だったりします。

サーバルもいるよ!

アニメ「けものフレンズ」で大人気となったネコ科の動物、サーバルキャットもアドベンチャーワールドで見れます。

ガラス張りの個室にいたのがこの子。
大きな耳が特徴的ですし、この細身の体格が綺麗。

3mほど飛び上がり、飛んでいる鳥を捕まえることもあるとか。

外にいるサーバルキャットも見ることができます!
アニメでは可愛いキャラクターになっていますが、実物は美しくも力強いネコ科の風格といったところでしょうか。

パンダだけじゃない!アドベンチャーワールドの様々な動物たち

アドベンチャーワールドは、パンダ以外もすごい!

入り口すぐに

入り口エントランス入ってすぐ、間近で動物たちを見ることができます。

アルパカは美味しそうに餌を頬張ってます。
いやーもこもこしていて暖かそう…

ジャイアントパンダだけじゃなくて、レッサーパンダもいるのだ!

フタコブラクダはくつろぎ中。

海の動物がいっぱい、マリンワールド

海の動物も多種多様なのが、アドベンチャーワールドの特徴。

ペンギン軍団

なんといってもペンギンがすごい!

ガラス越しとはいえ、間近で泳いでるペンギンをあらゆる角度から見れるのはもちろん

このペンギンの数!見渡す限りペンギン!

コウテイペンギン、キングペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、イワトビペンギン…etc

ホッキョクグマ、ラッコ、イルカ!!

最大最強の肉食動物、ホッキョクグマのこの距離。
豪快にジャンプする姿を間近で見れますよー!

こちらはラッコ。二匹ぐらい群がってる?

優雅に泳ぐイルカも思う存分見れます!
上の写真のイルカは、オキゴンドウ。下はバンドウイルカかな?

他にもアシカやアザラシといった海の獣たちのショーも開催されています。

陸の動物がいっぱい、サファリワールド

続いて陸の動物をたくさん見ていきます。

広大なサファリワールド
徒歩だけでなく、ジープや自転車、下記の列車タイプの「ケニア号」と様々な見学方法があります。

これがジャパリバスケニア号
肉食動物ゾーンを見るならこれに乗るのが手っ取り早い

ケニア号乗り場には、可愛らしいゴールデンレトリバーの駅長さんが。

お昼寝中のライオン
たてがみが立派ですが、寝ていると迫力があまりないw

メスのライオンは、お散歩中。

白い毛が印象的なのは、ユキヒョウ。
神々しい…

アムールトラはお散歩中。かっこいいなー!
タイミング悪く写真撮れなかったのですが、アドベンチャーワールドにはホワイトタイガーもいますよ!

以下は徒歩でサファリワールドをまわった写真。徒歩では肉食獣エリアははいれないので、草食動物ばかりですが、間近で大型の動物を見れるので、すごく楽しいウォーキングになりました。

動かざるごと山の如し、アメリカバイソン。

陸上最大の生物、アフリカゾウもこの距離で見れます!

砂漠の船と称されるヒトコブラクダ。
コブの中には脂肪がつまっています

一点を見つめ佇むチャップマンシマウマ。

キリンも超近距離で見れるのだ!すごーい!

世界で一番大きな鳥、ダチョウも近くで。

チーターは徒歩でも見れます!

立派な角をもつアジアスイギュウ。
見事ですよね。この角…

白と黒のツートンカラーが特徴的な珍獣、マレーバク。
子供のころはイノシシの子供、ウリボーのような色みたいです。

ジャイアントパンダ、キンシコウとならぶ中国の三大珍獣、ゴールデンターキン。
標高2000〜3000mの山地に生息しているようだ。

クロサイ

こちらはシロサイ。
クロサイもシロサイもごつごつしていて、まるで戦車のようだ。

立派な体毛をもつヒマラヤタール。
ヤギやヒツジの仲間のようだが、ウシ科の生き物。

ふれあいゾーンも充実

ふれあいゾーンの充実ぶりも、アドベンチャーワールドはすごい!

わんわんガーデン

たくさんの犬と戯れることができるわんわんガーデン。

天気が良いからか、真っ白いもふもふした大型犬グレートピレニーズは、この寝相。

気持ちよさそうな顔だなあ…

 スイス原産の大型犬、バーニーズマウンテンドッグもぐっすりzzz

微動だにせずぐっすりzzz

ボーダーコリーかな?
この子も気持ちよさそうに眠っています。

ふれあい広場

多種多様な小動物、鳥類がいるのがふれあい広場。

ドヤ顔で立ち上がっているのは、コツメカワウソ。
手足の形がおもしろいですね。

一本足立ち!フラミンゴ
ピンク色が綺麗です。

仲よさそうに寄り添うアルダブラゾウガメ。

チンパンジーもこんな感じでお昼寝中。

偉人のような雰囲気のチンパンジーもいました!

ミニカバ
この子もお昼寝中zzz

ゾウ、サイに次ぐ巨体を誇るカバ。
こう見えて時速40kmで走るとか(((

アヒルも人懐っこくよってきました

哀愁漂う後ろ姿は、ミーアキャット。

なんかかっこいいのは、ヒツジの祖先といわれるムフロン。
魂のムフロン…

 

上野でパンダを見るのもいいけど、羽田空港から直行便もある和歌山・白浜町のアドベンチャーワールドのパンダもみなさん忘れないでくださいね!

そして神戸のパンダも!