大学時代の思い出の街を訪ねる休日(前編)

写真撮影/動画撮影

Retriever666をご覧いただきありがとうございます。回収犬(@retriever666)です。

早いもので気がつけば社会人生活も1年目がほぼ終わり、もうすぐ2年目突入となります。このところ人生や仕事に対して虚しさを感じることが多く、ふと昔のことを考えることが多くなりました。

僕にとって自由で楽しかった大学時代。友達もいないし恋人もいない、大学生らしいことをなにもしなかったのですが、大学時代の4年間というのはどこか不思議なほど充実していたように思います。

そんな大学時代の4年間を過ごした街「泉ヶ丘」を1年ぶりに訪れてみました。

大学時代の日々を思い出しながら、久しぶりの街を楽しむ

家から大学まではだいたい1時間半。9時半ごろの電車に乗り和歌山から大阪府堺市まで通っていた頃がつい1年前なのにとても懐かしい気分になります。

三国ケ丘駅で電車を待つ朝

乗り換え駅の三国ケ丘駅、ここも思い出深いところなのですがそれは後編でご紹介したいと思います。

朝食のおにぎりを頬張りながら反対ホームの電車を眺める

毎朝の朝食は、乗り換え時間の合間にコンビニで買ったおにぎりを頬張っていました。おにぎりを頬張りながら、反対ホームの電車を眺めるのが毎朝の日課。

大学1年の頃、こんな古い電車(南海6000系)が現役で走っていることに驚いた記憶があります。4年間で何回乗ったのかもわかりませんが、この古い電車も大学時代の思い出の1つです。

行先表示に出てくる「準急」、「泉北」、「和泉中央」が懐かしい。1年しかたっていないのにここまで懐かしく思えるというのも不思議なもんです。

1年ぶりの泉ヶ丘駅は見知らぬ駅だった

泉北高速鉄道は、深井駅付近から和泉中央駅付近まで泉北1号線が並走しています。この並走している区間が好きで、電車の中からも時々車で訪れた時も楽しませてくれました。

1年で変わってしまった泉ヶ丘駅

三国ケ丘駅から泉ヶ丘駅まではだいたい15分。懐かしい車窓を眺めつつ昔を思い出していると到着です。

ホームの雰囲気、入ってくる電車、行先表示の電光掲示板は大学時代のままでした。「このベンチに座って電車を待っていたなあ。」とか思い出しながら、いつも使っていた階段の方へいってみたら…なんと階段がない!

別の階段を使い改札に上がると、見知らぬ光景が飛び込んできました。

「僕の知っている泉ヶ丘駅の改札の風景じゃない」

どうやら大学卒業後1年の間に、リニューアル工事が進んでいる様子。よく利用していた改札前のコンビニもなくなっていたので、少し寂しい気分になりました。

改札付近以外は懐かしい風景

リニューアル工事のすすむ改札付近以外は、毎日見ていた懐かしい風景でした。

駅を出てバス停までの通路。ここは大学時代に毎日歩いていた時に見ていた光景そのもの。

駅とバス停までの陸橋。授業が長引きバイトに間に合うかギリギリ、走らないと電車に乗れないので、バス停からホームまで全力疾走したこともありました。

毎朝、この陸橋を歩きながら「だるいなあ」と考えていたのですが、あの時もっと別のことを考えていたらまた違った人生になっていたのかもしれません。

陸橋を歩きながら毎日眺めていた風景。この風景はしばらく変わることなさそうです。

昼食を食べようと、よく利用していた寿司屋に行くと…残念ながら閉店していました。授業が夕方まである日、夕食を食べるためによく利用していただけにしばし呆然。ハイボールを飲みながら、寿司をつまむ…あの夕食は遠い過去のものになったのです。

泉ヶ丘を散歩

泉北ニュータウンの中心駅となる泉ヶ丘駅の周りは、広大な住宅地の住民が集まるどこか昭和を感じる町になっています。

広場、バス停、駅ビル

この広場の端っこにある喫煙所で、バスを待つ間タバコを吸っていました。今はもうタバコは吸わないのですが、広場を行き交う人を眺めながら気だるく煙を吐き出していた朝は良き思い出です。

銘柄はセーラムライト。吸い始めたきっかけはロックバンド黒夢のヴォーカル、清春さんの影響。

それにしてもいい天気だ。いろいろありつつも楽しかった大学時代の心を表すかのように。

社会人となった今の心は、曇り時々雨が延々と続いています汗

駅と百貨店(泉北タカシマヤ)までの通路。ここは特に変わっていないようです。この昭和っぽさがたまりません。

この通路もよく歩いたのですが、大学時代の当時のままです。ファミリーマートのATMをよく利用していたのを思い出します。

バス停。朝は大学生の長蛇の列が形成されるのですが、昼下がりということで閑散としています。

反対側の駅の出口にも行ってみました。こっちの方は部活の仲間(大学時代の数少ない友人)と鳥貴族で呑む時ぐらいしか来なかったのですが、やはり懐かしいものです。

駅の周辺道路

泉北高速鉄道と並走する泉北1号線。この道は走っていて楽しい道で、今度車載動画を撮りにこようと考えています。

泉北中央線。この道も大阪狭山市方面へ行く時に何度も通りました。こちらも車載動画を近々撮りにくる予定です。

大学を見に行こう

泉ヶ丘駅まできたついでに大学を見に行こうと思い、バスに乗りました。

バスの車窓から見える懐かしい風景。車内では4年間という大学生活の時間の速さに驚かされ、また大学卒業後1年感じる懐かしさになんとも言えない気分になりつつ過ごしていました。

そうこうしているとバスは大学最寄りの停留所に到着しました。

帰りは歩こう

停留所から大学の校舎を眺め、校内に入ることはせず帰ることにしました。入ってもよかったのでしょうけど、入ってしまうとダメな気がしたので。

帰りはなんとなくの思いつきで、泉ヶ丘駅まで歩いてみることにしました。

春の陽気と澄み渡る青空が気持ちいい。

水どう2

品種が違うのか綺麗に咲いた桜があったり。

時々立ち止まり道端の風景にシャッターを切りつつ、泉ヶ丘駅まで歩いて帰還。「大学時代にやってみたらよかったんだろうな…」と日頃の運動不足からくる足の痛みを感じつつ思ってみたり。

久しぶりに大学時代の思い出の街「泉ヶ丘」を訪れ、最高の休日を過ごすことができました。

次回の記事では大学時代の思い出の街を訪ねる休日(後編)として、泉ヶ丘と並んで思い出深い三国ケ丘なかもず深井の各駅周辺の写真と思い出を書いていきます。