乗り物ブロガーが乗り物撮影に持っていく持ち物リスト

乗り物ブロガーの持ち物 ガジェット

こんにちは、回収犬(@retriever666)です。

私はこのブログとは別に「Engine666」という消防車両を中心とした緊急車両などの乗り物に関するブログを運営しています。

消防車両を撮影する同業の方には、消防署で許可をいただいて撮影する方も多いのですが、私は専ら一般に公開されている各地の防災訓練出初式などのイベントで撮影しています。

大規模な防災訓練などでご一緒する同業の方含め、日頃から「みんな、撮影にどんなものを持ってきているのだろう」と感じています。

そこで、宿泊を伴わない撮影に私が持っていく持ち物を紹介してみます。「自分はこんなものを持っていく」などの意見をいただけたら嬉しいです。

持ち物を収納するバッグ

乗り物ブロガーの持ち物

撮影にいく時のバッグは、モンベル・ユティリティーデイパックをメインにしています。また、カメラのバッテリーやレンズペンなどをすぐに取り出せるように、モンベル・ポケッタブル ライトポーチをサブバッグとして使用しています。

乗り物ブロガーの持ち物

モンベルの商品は安価で高機能なので、普段の生活から乗り物撮影、旅行まで活用しています。

乗り物撮影に絶対持っていく持ち物

絶対に持っていく持ち物としては、状況に応じて多少の変更はありますが、ざっと以下のものになります。

  • カメラ:Canon EOS9000D
  • カメラ:SONY α6500
  • スマホ:Apple iPhone8
  • タブレット:Apple iPad Pro
  • 三脚:Manfrotto COMPACT ACTIONなど

カメラ

乗り物ブロガーの持ち物

乗り物ブロガーの持ち物

カメラは持ち物の中でも必須アイテムです。私はCanon EOS9000DSONY α6500を状況によって使い分けています。ストラップは9000Dもα6500もNinja Strapを使用し、三脚穴に取り付けたC-Loopに装着しています。

C-loopとNinja Strapを使用することで、歩いている時などにカメラがぶらぶらしなくなり、カメラとレンズが他の人や壁などに当たることを防いでいます。

カメラを2台持つ理由

もともとEOS 8000Dを使っていたのですが、旅行に持っていく際にその大きさが少し煩わしく思い、過去に記事に書いたようにα6500に買い換えました。

EOS8000Dからα6500へ。僕がカメラを買い換えた理由。
...

消防車両だけを撮るなら、α6500と200mmまで撮れるレンズがあれば十分に対応可能でした。しかし、200mmだと足りない場面ができた事やバッテリーの持ちなどの問題もあり、EOS 9000Dの買い増しに至りました。

乗り物撮影には高倍率ズームが便利!SEL18200LEを購入した理由
...

α6500はそのまま旅行用カメラとして使う予定だったのですが、動画性能が9000Dより段違いに上なので、動画撮影用兼サブカメラとして写真用の9000Dとあわせて2台持っています。

使っているレンズ

基本的に9000Dには、SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM、α6500にはSONY SELP18105GSONY SEL1670Zをおもに装着しています。

9000Dに装着しているSIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMは、1本で広角から望遠まで幅広く対応でき、私の撮影スタイルにちょうど良いレンズだと感じています。画質も満足で、しばらくはこのレンズを使い続けていく予定です。

α6500に装着しているSONY SELP18105Gは、電動ズームのレンズなので動画を撮るのに重宝しています。電動ズームのおかげでビデオカメラのようになめらかなズームをおこなうことができ、4K高画質で撮影できるα6500に装着しても、そこまで重くないです。

カメラのアクセサリー

乗り物ブロガーの持ち物

カメラと共に持っていく持ち物として、予備のバッテリークリーニングキットがあります。またSDカードの予備も何枚か持っていきます。

予備のバッテリーは9000D用に2つ、α6500用に2つを持っていきます。バッテリー交換をすることはあまりありませんが、いくつか予備があると安心感があります。

SDカードの予備は、32GBを1枚と16GBを1枚のあわせて2枚を持っていきます。

クリーニングキットは、レンズペンを中心にクロスやブロワーなどをビニール袋にいれています。主に使うのはレンズペンで、レンズが汚れた時にさっと掃除するのに重宝しています。

iPhone8

乗り物ブロガーの持ち物

スマートフォンは、カメラの次に必ず必要なアイテムです。2018年10月現在、iPhone8を使用しています。

人生4台目のスマートフォンは、消防車のように赤いiPhone8を選びました
...

同業の方に連絡をとったり、撮影現場までの道を調べたりすることはもちろんですが、iPhoneのカメラを使った撮影もよくおこないます。買い物に出かけた先で消防車両などの展示が行われている際、カメラを出すのは少しためらわれるので、iPhoneで撮影を済ますこともあります。

動画撮影にiPhoneを活用

最近、iPhoneのLightening端子に接続できるRODE VideoMicMe-Lという外部マイクを購入しました。

RODE VideoMic Me-Lを購入。これは乗り物マニア必需品!?
iPhoneで簡単に使える外部マイク、RODE VideoMic Me-Lを購入しました。lightening端子にさすだけで、iPhoneで撮影する動画の音声を簡単にクリアな音声にすることができ、乗り物撮影でも重宝しそうです。

これまでにもiPhoneで動画撮影をすることは多くありましたが、音声をこれまで以上に高品質で録れるようになったので、動画の方にもっと力を入れていきたいと考えています。

三脚・一脚

乗り物ブロガーの持ち物

動画を撮影する時や周りが暗い時に、手ブレがない安定した写真や動画を撮影するため、三脚や一脚も必ず持っていきます。

メインに使っている三脚は、Manfrotto CompactActionフォトムービーキットです。

写真も動画もいける三脚、Manfrotto COMPACT Action
写真も動画も撮影しやすい三脚、Manfrotto COMPACT Actionを購入しました。ガングリップが特徴的な三脚で、ムービー三脚には劣りますが動画撮影の際にスムーズな動きを発揮してくれます。

他にも写真用三脚を2本、ミニ三脚を1本、一脚を1本所有しています。撮影の状況にあわせて持っていく三脚を選ぶのですが、ミニ三脚はスマートフォンホルダーとあわせてiPhoneで動画撮影するときによく使うので、いつもカバンに入っている状態です。

iPad Pro

iPhoneの役割と少し被るところもありますが、iPad Proは電池の持ちがiPhoneよりいいので、Kindleで漫画を見るなど主に撮影の待ち時間に使っています。

キーボードとスタイラスペンを使って、ブログの下書きを書くこともあります。最近は、iPad向けのLightroomも使いやすいので、うまく活用していこうと模索しています。将来的には軽い記事の作成に、Macを使わないようにしていきたいところです。

乗り物撮影にあると便利な持ち物

必ず必要なアイテムというわけではありませんが、以下のアイテムは持っていると何かと役立っています。

  • 手ぬぐい
  • ウインドブレーカー
  • ザックカバー
  • ビニール袋

手ぬぐい

乗り物ブロガーの持ち物

タオルのようにかさばらず、マルチに使えるのが手ぬぐいです。私の使い方としては以下のようなことに使っています。

  • 汗を拭く
  • 水に濡らして首に巻いておく
  • 帽子の下にいれて直射日光を防ぐ
  • etc

少し古臭いアイテムですが、バッグに入れておくと何かと使えるので重宝しています。ちなみにいま使っている手ぬぐいは、藍染で有名な徳島県の道の駅で購入したものです。

ウインドブレーカー

乗り物ブロガーの持ち物

少し肌寒い時や小雨の時に重宝するのが、撥水機能をもったウインドブレーカーです。小さく折りたたんでおくことができるのでバッグ内でもあまりスペースをとらず、必要な時にさっと着ることができます。

僕が使っているのは、無印良品のパラグライダークロスポケッタブルウィンドブレーカーです。

ザックカバー

乗り物ブロガーの持ち物

小雨程度ならバッグの撥水機能で対応できるのですが、急な大雨などの際にバッグの中身を濡らさないように持っていくアイテムがザックカバーです。

使わないときはコンパクトに折りたたんでおけるので、ほぼ必ずといっていいほどバッグの中に入れています。

僕が使っているのはモンベルの35L程度のバックパックまで対応可能なものです。

ビニール袋

何の変哲も無いコンビニのビニール袋ですが、これが結構役立ちます。

雨が降ってきた時にカメラにかぶせたり、空のペットボトルや軽食の空き箱を入れておいたり、財布やカバン代わりに使ったりと使い方はいろいろです。

カバンに何枚か入れておくと、何かと使えるのでコンビニで何か買った時、ビニール袋だけは捨てずにとっておきます。


乗り物ブロガーの持ち物

この他に特筆はしませんが、財布や手帳、救急セット(絆創膏など)、家の鍵をバッグに入れて撮影をしています。以上が、私の撮影に持っていく持ち物リストになります。